東京学芸大学硬式テニス部(庭球部)の公式サイトです。

主将挨拶

男子

皆さんこんにちは。
東京学芸大学硬式庭球部主将の鈴木宏次朗です。

前年度は、入れ替え戦での敗戦から背水の陣でリーグに挑み、6部に復帰することができました。しかし、まだ自分達はスタートラインに立ったばかりです。この6部という位置に満足することなくさらに上の5部を勝ち取りにいきます。そのためにもこの1年間で他の大学を圧倒できるよう練習に励んでいきたいと思います。

私達テニス部はオムニコートが10面、夜8時までナイターが完備と他の大学と比べて非常に恵まれた環境の中で活動することができています。そんな環境も活かすも駄目にするのも自分次第です。恵まれた環境に甘えることなく日々練習することで、初心者からレギュラーになることも可能です。

また、部活に入ることで自分達が社会に出た時のマナーや人との接し方を学ぶことができます。自分達で部を運営することでOB・OGの方など様々な人と関わり、人としても成長できると思います。サークルとは違い大変なこともありますが、部活だからこそ得るものもたくさんあるのです。

最後に、、、

テニス部に入部を考えている皆さん!
私達はテニスが好きで、好きだからこそ本気で部活に打ち込んでいます。迷っている人は是非一度見て感じてほしいです。テニス部の魅力を感じとって頂けると思います。初心者、経験者問わず大歓迎です!

部活の情報も頻繁にホームページ、Facebookから更新していますので是非チェックしてみてください。

男子部主将
鈴木宏次朗

女子

皆さんこんにちは。

この度東京学芸大学硬式庭球部女子部の主将を務めさせていただきます、3年大谷莉加です。

前年度臨んだリーグ戦では、決勝トーナメント第2戦で敗れ、目標としていた4部昇格を達成することは出来ませんでした。この現実を受け止め、今年度こそは4部昇格を達成するべく、メニューの内容はもちろん、トレーニングや食生活などテニスプレーヤー以前にアスリートとして様々な点を見直し、努力を惜しまず日々精進していきたいと思います。

東京学芸大学硬式庭球部の部員は、ナイター完備のオムニコート10面という大変恵まれた環境の中で練習をすることができます。高校生活とは違い空きコマがある大学生活の中で、自分の自由な時間を有効活用し、いつでも練習することができます。そして、体育科から一般科まで様々な部員が切磋琢磨しあいながら目標に向かって日々活動しています。コートの中と外でのオンとオフをしっかりしているのも特徴だと思います。また、試合だけでなく、練習の中でも先輩後輩関係なく部員同士でアドバイスをし合うことで、部内での分析を行い、見る力を養うという面にも重点を置いています。

硬式庭球部に所属していると、テニスや部活の運営などを通して、将来社会に出た時にも必ず生きるであろう「人との関わり」の大切さを学ぶ機会も多くあります。周りと協力することで、1人の力では出来ないことを成し遂げられたりと部活において培われる「人との関わり」のスキルは想像以上のものとなると思います。

本気で勝ちを目指しているからこそ大変なこともありますが、それ以上に得られるものは大きいです。バイトやサークルでは味わうことのできない経験をしませんか?少しでも興味を持った方がいましたら、是非北門コートまでいらして下さい!

 

女子部主将
大谷莉加

見学・体験入部大歓迎!

メールでお問い合わせはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © Tokyo Gakugei University Tennis Team All Right Reserved.