東京学芸大学硬式テニス部(庭球部)の公式サイトです。

主将挨拶

男子

皆さんこんにちは。

この度東京学芸大学硬式庭球部主将を務めさせていただくことになりました、3年川口聖乃です。

昨年度のリーグも少ない人数ながら最後まで昇格の可能性があったなか、4部昇格には至りませんでした。この2年間の5部残留という結果を経て、今年度こそ4部昇格を果たすべく活動しています。 また、リーグ戦で勝つためには、個人戦の勝ち上がりが必要であると考えており、個人戦でも勝てる選手を目指して、日々取り組んでおります。

今年度のスローガンは「日進月歩」一度の練習で何が成長できたか、さらに成長するためにはなにを改善するかを考えて練習に取り組み積み重ねを目指す一年間にします。 練習では、ボールに追いつくまでのフットワークの強化や、サーブの精度の基礎作りから始め、試合においての戦略や考え方などを部員同士で共有しなら、取り組んでおります。

また、土日のどちらかでは対外試合や部内戦などの多くの試合経験を積むことによって、練習で得た技術の成果を出せるようにしています。 テニスの練習以外でも、週二回のウエイトトレーニングや、ミーティングなどを積極的に行い、常に良いコンディションでテニスに取り組んでいけるよう部員全員で意見を出しあっています。

高校生のみなさん!

大学の部活というときついイメージが強いと思いますが、部活も常に変化しております。部活に入ることは、テニスが強くなることだけでなく、社会で必要である能力を得ることもできます。これらの能力は将来必ず役に立つ能力になるはずです。 高校の部活で満足できなかった方、大学から新しく初めてみたいと思っている方、ホームページを見て興味をもってくれた方、学芸大学に入学したいと思っている方は是非一度コートに足を運んでみてください。学芸大学の庭球部の魅力を少しでも知っていただければと思います。 北門テニスコートでお待ちしてます!

男子部主将 川口聖乃

女子

皆さんこんにちは。

この度東京学芸大学硬式庭球部女子部主将を務めさせていただきます、3年大胡結菜です。

女子部は「4部昇格」を目標に掲げ、練習に励んでいます。前年度のリーグ戦ではあと1勝のところで、入れ替え戦に手が届かず、悔しい思いをしました。昇格するために個人に、チームに何が足りなかったのか。そして、来年のリーグに向けて何をするべきなのかを日々考え、共有し、スモールステップで目標を立て、1つずつ達成していくことで来年の昇格を目指しています。

現在女子部は、3人という少人数での活動を余儀なくされています。そこで今季は、平日の男子部との合同練習や休日の他大学との練習や試合の機会を例年よりも多く設けています。また練習や試合での気付きを共有する時間を設定し、良いところや課題を見つけ出すことで、1人1人の課題に合わせた練習メニュー・トレーニングを組むことに繋げています。少人数というディスアドバンテージを、上手く利用し個々の技術・チームとしてのレベルアップ、そしてチーム力の向上を図っています。

また他の部活動とは異なり、体育科以外の部員が多いことも庭球部の特徴の1つです。テニスを始めた時期も、幼い頃から、中学・高校からなど様々です。環境面では、キャンパス内オムニコート10面、ナイター完備と、非常に恵まれています。空き時間は朝から午後8時まで自由にコートを使用することができるため、個々の課題克服の時間に当てることができます。 部員はテニスはもちろんですが、学生の本業である学業にも努力を惜しまず取り組んでいます。課題に追われることもありますが、練習以外の時間は自由に使うことができるので、限られた時間の中でしっかりと取り組むことができます。練習がない日にはアルバイトをすることができ、学業・テニス・プライベート全ての面においてメリハリをもち、とても充実した実りある大学生活を送っています。

高校生のみなさん!

学芸大学庭球部では、部員募集中です!最後の学生生活、テニス選手として本気でテニスと向き合うことのできるラストチャンスだと思います。また、テニスだけでなく、スポーツを通して礼儀や努力することを学び、これらが社会にでるための礎となることでしょう。一緒に強くなりましょう!一緒に成長しましょう! 少しでも興味がある方。本気でテニスをしたい方。テニス経験の有無を問わず大歓迎です!是非一度北門テニスコートまでお越し下さい! 部員一同お待ちしています!

女子部主将 大胡結菜

見学・体験入部大歓迎!

メールでお問い合わせはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © Tokyo Gakugei University Tennis Team All Right Reserved.